モデラー備忘録20(廃墟のジオラマ)

前回の依頼物と同じ方からの依頼品。
今度は「廃墟でジオラマ」がテーマ。
気の触れた人気合の入った人のようにバルサ材で建物を作ろうかと思ったけど、そんな事できるなら自分はとうの昔に
建築物のサンプルを作ってそれを飯の糧として生きていける職種についてただろと思い、ミニアートの(ロシアの建物)をしようすることに変更。
がこれが大きな間違いでした。
DSCF9833_R.jpg
DSCF9834_R.jpg
DSCF9835_R.jpg
いきなり完成していますが、モナカキットのおかげで接合部分がうまくとれない、部品の合いもまったく合わず最低でした。
黒瞬着とプラ棒で補強しながら何とか建物は完成。
廃墟の演出として
・窓にガラスの残りを自作(キットには窓はあるけどガラスはついていない為透明プラバンで自作)
・石膏や街路を作るのに使ったレンガをハンマーで細かくわりそれをばら撒く。
・二階の部品をキットのモノをバルサ材で床を作りなおす。
・壁をミグのウォシング液とMrカラーのウェザーリング液を塗りそれを上から下にふき取る。
・レンガの目地の部分に砂系のウォシング液で墨入れを行う。
DSCF9837_R.jpg
街路に使用したのは煉瓦舎さんのパーツ煉瓦 基本形10×5×5mm(100個125円)を約1000個使用しました。
このレンガ35の大きさとして使用するのはチョットオーバースケールですが街路とかに使えるのでおすすめです。
この街路を作るとき石膏を薄く固めたものをランダムに敷き詰めていましたがいまひとつだったのでボツとしこのレンガを敷き詰める方法を選びました。
DSCF9842_R.jpg
過去に作ったパンターFに再度ウォシングと錆と誇りのストリーキングエフェクトを加えてお色直し。
DSCF9848_R.jpg
DSCF9850_R.jpg
DSCF9854_R.jpg
DSCF9856_R.jpg
知人の竹山氏に依頼して作成してもらったドイツ兵をジオラマベースに固定して完成しました。
今回は建物と街路をどういう風にすれば安く リアルに仕上げれるか勉強になりました。
フィギアで協力いただいた竹山氏に感謝です。
依頼者には渡してこの仕事は無事に終了しました。
やっぱし依頼者が満面の笑みでこの作品を受け取ってもらえたのが一番の報酬です。   
スポンサーサイト

モデラー備忘録17 T-72B2rogatka 決着編

突然完結した “T-72B2 rogatka”編。
過程の写真を取り忘れただけでした(涙)
Miniarm(ミニアーム)社のB35073 T-72B2 "Rogatka"改造セットでカッコよくT-72B2を作ろうと思いついたが最後、これを作るまでに多額の費用がいる事に。
以下購入したものリスト。
ミニアーム社  B35074 Slat Armor PE Parts
ミニアーム社 B36034 ホイル&キャタピラセット
全て国内入手が困難で東欧のサイトより購入しました。
総額…余りにも多くの費用を使いすぎたためここでは書けないです。
DSCF8933_R22.jpg
説明書がこれでもかと言うぐらい印刷が薄く老眼の我輩にとってそれはそれは苦行でした。
DSCF8929_R22.jpg
DSCF8939_R22.jpg
完成見本写真とか数少ない写真より砲塔部分及び下部を組み立てました。
写真には写っていませんがライト部分をタミヤのT72より移植しました。
DCIM0042_R22.jpg
そして車体下部のスラットアーマー、これがまた曲者。
クロス部分の切りカキが浅くその部分をデザインナイフで入れなおすという苦行を行いました。
(途中略)
完成写真です。
DSCF8941_R22.jpg
IMG_3770_R22.jpg
IMG_3768_R22.jpg
IMG_3775_R22.jpg
IMG_3777_R22.jpg
IMG_3817_R22.jpg
IMG_3818_R22.jpg
IMG_3781_R22.jpg

とにかくかっこいい戦車を作る為にはどうすればいいか考えさせられる戦車でした。
我輩の愚作を住友様のサイト“週末模型親父の部屋”にて行われてるスミコン2013にて参加させていただいております。
良ければご覧ください。

モデラー備忘録16 ティラン5 Blazer②

すっかり3か月も放置していました。
決して某ゲームで提督をやり嫁を育成してて忙しかったわけではありません。
前回は滑り止めをやり過ぎて、加工を剥がすところで終わっていました。
DSCF8858_R22.jpg
DSCF8859_R22.jpg
シンナーで滑り止めを落とし再度タミヤのテスクチャー塗料を薄めて流布しシリコンバリアーを塗っています。
DSCF8864_R22.jpg
基本塗装はタミヤのティラン5の指定色に微量の緑を足したものをシナイグレイとして塗っています。

DSCF8885_R22.jpg
エッジ部分を中心にシナイグレイを剥がして AKインタクテブのAK066アフリカ軍団ウォッシュでスミ入れを行い、AK065アフリカ軍団フィルターや油彩を使い単調なシナイグレイに表情をつけています。
DSCF8898_R22.jpg
タンク部分の接合部分には錆+油の汚しを加え全体的に錆のフィルターを加えました。
DSCF8895_R22.jpg
垂直なアーマー部分には薄い土の色(AK067やAK022など)でストレーキングを加えて表情をつけています。
IMG_3726_R22.jpg
車体下部を中心にアフリカダストのピグメントを加え完成です。
IMG_3743_R22.jpg
IMG_3733_R22.jpg
 イスラエル車輛の持つ凶暴さが伝われば光栄です。

モデラー備忘録10(メルカバの夏)

DSCF8206_R2.jpg
IMG_2786_R2.jpg
IMG_3012_R2.jpg
IMG_3026_R2.jpg
IMG_3035_R2.jpg
1/35 メングモデル メルカバMk.IIID
この作品は、新興メーカーのキットです。
やはりキモとなるのはチェーンカーテンと言う事でチェーンカーテンは自作です。
この後ろ姿を見たいだけに作りました。
この作品は 住友様の「週末模型親父の部屋」にて行われている「スミコン2012」に参加しております。
良ければ投票お願いします。


IMG_2711_R2.jpg
IMG_2723_R2.jpg
IMG_2744_R2.jpg
IMG_2748_R2.jpg
1/35 「IDF Nammer GP(メルカバ装甲回収車)」
レジェンド+アカデミー
こちらはメルカバを再利用した装甲回収車です。
中々の変態ぶりに惚れてレジェンドのキットを使い
製作しました。
そこに待ち受けてたのは、レジェンドの「肝心な所は空想で作ってね❤」と言わんばかりの
不親切な説明書によるレジン地獄でした。
完成の時の感動は、「クララが立った、おじいさんクララが立った」と嬉しくて
跳ねまわるハイジのごとく感動しました。
ここまで苦労したんだから、お願いだからインジェクションキットでは出ないでね。
と言いつつもキット出たら3個以上の大人買いするんだろうな。

モデラー備忘録6(中東2部作編)

DSCF7848_R2.jpg
DSCF7843_R2.jpg
本日明日(4/15)に広島県福山市で行われる「第12回 中四国AFVの会」用の作品が完成しました。
一つ目は、“1/35タミヤ M51スーパーシャーマン”です。
キットは組みやすくしかも、イスラエルシャーマンの持つ禍々しさを表現した良模型です。
カステンから発売されたシナイグレイを元に自分なりのIDFカラーをこだわって塗装しています。
仕上げも、イスラエル車輛の使い込まれた感を表現しました。
DSCF7857_R2.jpg
DSCF7853_R2.jpg
M51スーパーシャーマンは大好きな車輛です。今回は自分の思う「イスラエル車輛」を表現できて満足。
自分が思うような表現ができるのが、模型の楽しみ方だと思います。

DSCF7858_R2.jpg
DSCF7861_R2.jpg
もうひとつ出展する作品は、タミヤ1/35イラク軍エネグマ戦車を使ったディオラマ。
「Surrender.」 です。
Surrenderは降伏とか投降する者と言う意味です。
ありきたりな場面ですが、この場面の持つ意味は勝者と敗者の表現のほか、投降するイラク兵にとって
「Right on the limit's.(生か死か?)」極限ギリギリの境界だと思います。
この場面を作るときに、ヘビーローテーションで聞いていたのはレディーガガの「The Edge Of Glory」。この歌詞の「Right on the limits」をイメージして場面を作りましたが…。
あまりこんなナマナマしい場面を作りたくなかったのですが、クラブの先輩から貴重なイラク兵のフィギアを譲ってもらい戦車と兵士を使用したディオラマを作りたくなりこの場面を選びました。
DSCF7866_R2.jpg
エネグマ戦車はダメージ(退色表現)をかなりきつめに入れております。湾岸戦争、イラク戦争を通じてイラク軍車輛のイメージはクタクタ感満載と認識したためです。
フィギア、特にイラク兵の顔を塗るのが一苦労でした。
両作品ともいつもより少し製作時間がかかりましたが、満足な作品に仕上がってよかったです。

明日は、また素晴らしい作品に巡り合えるのを楽しみにして福山をめざします。

| NEXT≫

プロフィール

zaku

Author:zaku
hobby shop sora店長です。よろしくお願いいたします。

徳島県板野郡北島町中村字中内 
TEL(FAX) 088-677-8850
営業時間
平日 14:00~20:00ぐらいまで
土日祝 11:00~19:00まで
定休日 月曜日(祝日の場合火曜日に変更)
模型の製作依頼お受けいたします。
国産プラモデル10000円より、
詳しくは当HPをご覧ください。
http://zaku2007-atomu.com/index.htm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク