FC2ブログ

TigerI(リベンジ)タミヤ1/35

ジャーマングレイを極めようと、色んな方々から色について意見を聞いて自分なりにジャーマングレイでtigerを塗ってたのですが…。
仕上げをどうするかまで考えておらずジャーマングレイのTigerIは没にしました。
とても人様に見せれる物でなかったので、自分の心のアルバムだけにとどめてあります。(いやー、もうジャーマングレイのtigerを何度横の川に不法投棄しようと思ったことか)
下塗り状態(ガイアノーツプライマーサフェイサーに微量のレッドブラウンを足したもの)
P1060439_R2.jpg
P1060440_R2.jpg
今回はAFVを仕上げるに至っての基本工程を丁寧にしてみました。
①フィルターリング
今回は砲塔の面ごとに色を変えました。一番日の当るところにエナメルのダークイエローに少量のデッキタンを加えた原液1に対してガイアのエナメルシンナーを9の色がついてるかついてないかの色で塗り、側面部分はこの原液にデザートイエローを微妙に足したもので塗り色調を変化させました。
(写真はカメラの調子が悪くボケまくりのためありません。)
②ウォシング(スミ入れ)
P1060455_R2.jpg
P1060456_R2.jpg
Migプロダクションのナチュナルウォッシュとアースウォッシュそして最も色の暗いところをAKインタラクティブ社のダークブラウンでスミ入れを行いました。明暗をはっきりつけることで、モールドを際立たせるのが目的で
つい最近の自分の作品にはこの過程を省いている物が多く今回はこの過程を丁寧にしてみました。
③フェーディング(褪色表現)
①の工程で使う色によればこの工程は省けれるのですが、やはりドイツ車輛の雰囲気を醸し出すためにこの工程も今回丁寧に行いました。
P1060459_R2.jpg
P1060464_R2.jpg
P1060466_R2.jpg
P1060468_R2.jpg
油彩の白、黄色、セピア、オレンジ、バンドアンバーをつまようじの先で微量つけていき、それをガイアのエナメルシンナーで垂直に伸ばしていきます。ここは筆を上から下、前から後ろに決めた方向に油彩を伸ばしていくことがコツです。
同じ色でも色んな油彩により表情が出てくるのがこの工程の目的です。
④ウェザーリング
足回りをミグメントのダークマッド、ヨーロピアンダストなどでまぶしそれを定着させるため、アクリル薄め液を垂らしていきます。
キャタピラ部分はダークアイアン(ガイアノーツ)でエッジの部分をドライブラシをして金属の質感を出してみました。
P1060509_R2.jpg
IMG_2579_R2.jpg
IMG_2576_R2.jpg

そして今回は極力サビをつけずに金属の質感を再現できないかと目指したのが今回の作品です。
P1060492_R2.jpg
P1060494_R2.jpg
P1060503_R2.jpg
P1060502_R2.jpg
P1060500_R2.jpg
カメラがどうも調子が悪くて、色が正確に表現できなくなってきてるようです。その前に店のお客さんに写真技術をもう少し磨けと言われました。
いやー、写真って難しいですね。


SORAロゴ1_R_R
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ


スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

プロフィール

zaku

Author:zaku
hobby shop sora店長です。よろしくお願いいたします。

徳島県板野郡北島町中村字中内 
TEL(FAX) 088-677-8850
営業時間
平日 14:00~20:00ぐらいまで
土日祝 11:00~19:00まで
定休日 月曜日(祝日の場合火曜日に変更)
模型の製作依頼お受けいたします。
国産プラモデル10000円より、
詳しくは当HPをご覧ください。
http://zaku2007-atomu.com/index.htm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク